資金調達を考えたら資金繰り計画表を作成しよう ~資金繰り解決マン

起業して中小企業などの会社を設立するとき、お店を開業するときに自己資金だけでは足らず資金調達を公的機関政策公庫などから調達を考えると思います。政策公庫の新創業融資では自己資金の10倍まで借りられると記載されていますが、現実的には自己資金が200万円であれば200万円から1000万円くらいまでの融資をうけることができるか可能性があると考えられます。また融資を決定させるための政策公庫の申請書のほかに事業計画、資金繰り計画表などを添付すると融資金額、融資を決定させる大きな資料になります。資金繰り解決マンが中小企業などの会社設立時に資金調達に成功した事例では、自己資金200万円で資金調達1000万円の融資に成功し、金利についても0.5%くらい安くすることに成功しまた。資金調達を成功した事例から資金繰り表などを作成して資金調達を進めると必要な資金を調達できる可能性があります。資金繰り計画表を作成することで資金調達に成功し、安定的な経営を行うことを考えることが大切なのではないかと思っています。

次回は資金繰り計画表をどのように作成するかについて記載したいと思っています。                         資金繰り解決マン