資金繰りを改善させるための方法~ 資金繰り解決マン

資金繰りを解決させるためには経費削減、売上見直し、売掛金早期回収、支払いサイト見直し、資金調達の検討など5つの方法があります。

  1. 経費削減を行い利益を増やす。 固定費や人件費などの販売管理費の削減を行い利益を増やす。具体的な項目としては地代家賃、交通費、通信費、光熱費、事務用消耗品費、支払手数料、保険料、図書費、賃借料、会議費、交際費、諸会費等。また人件費の削減では従業員数の見直し、社会保険料の見直しなどを行って利益を確保する。
  2. 売上の見直しを行って利益を上げる。 現在の売上を見直す。新規顧客を開拓するためのマーケティングを行ったり、既存のビジネスの見直し、新規ビジネスの検討などを行い、売上を上げることを目指す。
  3. 売掛金回収を早期に行う。 顧客への請求業務で、請求書を発行するさいに顧客からの入金予定日などを記載して早期回収に努める。請求書の締日から遅くても30日以内に入金できるように心がける。30日以内に入金にならない場合には顧客に早急に連絡し、いつ入金いただけるか確約をいただく。
  4. 支払いサイトの見直し。                          仕入れ代金、経費などの支払いについて資金繰りがなかなか難しい場合には、支払サイトの見直し をしていただけるように要請し、資金繰りを改善させる。
  5. 資金調達を検討する。                        売上も上がらず仕入れ代金、経費の支払いなどで資金繰りが厳しい時には銀行、政策公庫、などの金融機関からの資金調達を考える。そのさいに返済期間をなるべく長めにとり金利などについてもなるべく低くなるように交渉したり複数の金融機関からの調達を検討する。     資金繰り解決マン