起業・開業などを考えた時に資金調達をどのようにするか~資金繰り解決マン

起業・開業を考えた時に自己資金では足らない時にどのようにして資金調達をするかというのは、自分のビジネスを成功させることができるかどうかとても重要になってきます。資金調達ができないということで起業・開業できないということは非常に残念なことです。自己資金が少ない場合最初に考えるのは家族身内から資金調達できないか、家族から資金調達ができたとしても自己資金と合計しても足りない場合に政策公庫などの公的機関からの調達ということが考えるのがいいかと思います。現在は自己資金の10倍くらいまで申請できることになっているようです。100万円の自己資金であれば1000万円まで借りられるということになります。この金額まで借りるのはなかなか難しいと考えられますが、事業計画書、資金繰り計画書などの準備により可能性は高くなると思います。

次に考えられるのはクラウドファンディングという資金調達の方法を使って調達を考えるのもひとつの方法だと思います。自分のビジネスプランなどをサイトに登録して個人、企業から資金を集めるという方法です。これは自分のビジネスプランに興味を持っていただいた方に資金を提供していたたくということで、ファンづくりをしながらビジネスをスタートさせていくというこになります。どちらの資金調達にしても自己資金と資金調達した金額の合計金額で開業、起業することができるかどうか、資金繰り計画表を使ってシミュレーションすることはヒジネスを展開する上でとても重要なことりなります。

                           資金繰り解決マン