資金繰り経営で健全な店舗経営を目指そう~資金繰り解決マン

飲食店、美容室、エステサロン、マッサージ店、クリニックなどの店舗経営を行う上で、資金繰り経営はお店の経営を健全なものにします。お店を開業するときに、資金調達を行い経営を始めることが多いと思います。その時に事業計画書を作成して資金調達を行います。資金繰り経営は店舗の開業スタート前に資金繰り計画を立てていきます。資金繰り計画では、売上予測、仕入れ予測行い、人件費、固定費などの予算を計画し、家賃などの敷金保証金、仕入れ先に預ける資金など、お店の開店前に預けなければならない資金などの予定を立てることから始めて、資金繰り計画表の作成を行います。

また、月度ごとに売上、仕入、人件費、固定費の実績を資金繰り計画表の予算の横に実績を入れて、予算と実績の増減を毎月見るようします。これを行うことで最初に計画した予算と実績がどれくらい差異があるかわかり、毎月の予算に対しての実績が明確になります。売上を上げるにはどうしたらよいか、また経費の使い過ぎはないか、現在の資金でお店の経営は継続できるかどうかが明確になります。「資金繰り経営」は店舗経営の問題点を発掘し、どのように改善していったらよいか未来志向の経営への指針になります。ぜひ資金繰り経営を取り入れて健全経営を目指していただきたいと思っています。                          

資金繰り解決マン