美容室の店舗開業を考えた時の資金調達はどのようにするか~資金繰り解決マン

美容室の店舗の開業を考えた時の資金調達をとのようにしていったら開業に成功することができるか。まず最初に自己資金はどのくらいあるか。100万円なのか200万円なのか。その金額によって資金調達できる金額も違ってきます。開業しようとしているお店の家賃、敷金保証金はいくらか、また開業予定のお店の坪数はどのくらのスペースかによっても開業資金が違ってきます。自己資金のほかに家族から資金を借りることなどはできないかなど、まず自分で調達できる金額はどのくらいかによって政府系の金融機関などからの資金調達額が決まってきます。開業しようとしているお店の坪数が30坪で家賃30万円、敷金保証金は家賃の6ヶ月、仲介料、礼金1ヶ月ずつで内装工事看板代の見積りは300万円とすると、1ヶ月分の家賃と敷金保証金、仲介料の合計で240万円になります。内装工事と合計すると540万円になります。従業員の人件費月額80万円ほか経費40万円で1ヶ月間の経費合計120万円とします。運転資金6ヶ月分720万円として、運転資金、整備資金として540万円の合計1260万円が必要とります。

自己資金200万円、家族から100万円の計300万円、政府系の金融機関、政策公庫から1000万円を調達することに成功しなければ美容院の店舗開業を進めることができないということになります。美容室の開業には資金調達に成功することがとても重要になります。資金調達をすることが難しい場合には専門家、資金繰り解決マンに相談することも美容室経営を行う上では必要なことになると思います。                            

資金繰り解決マン